税理士紹介トップ > 税理士紹介担当者コラム

税理士紹介担当者コラム

人柄や知識・経験を確認済みの、お客様優先の税理士だけをご紹介します!

料金やサービス内容についても、お客様の代わりにより良い条件に交渉いたします

記事一覧

税理士に節税のアドバイスを頼む時のポイント

税理士に節税のアドバイスを頼む時のポイント

税理士のご紹介にあたり「節税のアドバイスをくれる税理士を紹介して欲しい」というお問い合わせをよくいただきます。 考え方として「(脱税ではなく)可能な限り納税額を抑えたい」という方もいれば、「とにかく利益を出して納税することこそ国民の努めだ」という方もいらっしゃいます。 どちらが良いかは別として、税理士は、税制に則ってどのような手段を採れば良いか、節税にこだわりすぎてキャッシュがなくなることのないように等の視点からお客様の考え方に合わせて提案をします。 (ただし全ての税理士がそういったお客様目線で対応してくれるわけではありません。お客様目線で対応してくれるかどうかは税理士の対応の仕方から判断しましょう。) ここでは、税理士に節税のアドバイスを求める際に必要なことを挙げます。 ...続きを読む

決算対策・節税

資金調達に強い税理士と弱い税理士の見分け方

自社株の評価額を低く見せる方法

「資金調達ならお任せください」とホームページに謳っている税理士事務所を 見かける方もよくいらっしゃると思います。 税理士は、銀行に対して何ができるのでしょうか? 資金調達に強い税理士は、そうでない人と何が違うのでしょうか? ...続きを読む

資金調達・融資

確定申告の期限に間に合わなかったら…?

確定申告の期限に間に合わなかったら…?

確定申告は、毎年1月1日~12月31日までの1年間の所得について、 原則として翌年2月16日~3月15日の間に行う必要があります。 当センターにも、よく「確定申告をしていないのですが…」というお問い合わせをいただきます。 では、確定申告をしていなかったらどうなるのでしょうか? ...続きを読む

確定申告

税理士資格を持っていない(無資格の)知人に税務を任せるとどうなる?

税理士資格を持っていない(無資格の)知人に税務を任せるとどうなる?

時々「税理士じゃないけど知人にお願いして申告書類を作ってもらっていたのですが…」 というお問い合わせをいただきます。 また、そのような認識ではなく「税理士だと思っていてお願いしていた」という ケースもあります。 後者については、明らかに偽税理士であるので論外ですが、税理士資格のない人でも できるレベルの税務的な業務を任せるのは問題ないのでしょうか? ...続きを読む

税理士選び

創業補助金の活用と申請方法。申請は専門家に依頼する必要がある?

創業補助金の活用と申請方法。申請は専門家に依頼する必要がある?

企業経営をされている(これから始められる)と、助成金や補助金を活用できる場合があります。自分で調べて申請することができるものと、専門家を通じて申請しなければならないものがあります。 人に関するものでは「雇用調整助成金」「労働移動支援助成金」 「高年齢者雇用安定助成金」「障害者初回雇用奨励金」 「精神障害者等雇用安定奨励金」「トライアル雇用奨励金」等があります。 今回は、創業補助金について解説したいと思います。 ...続きを読む

会社設立・新規開業 助成金

明日は我が身!?2倍に増加した相続税申告者と対策手段

税理士へ質問すると、本を見ながら回答する。この税理士大丈夫?

相続税がかかるのは、一部の富裕層だけと思っていないでしょうか?平成27年に税法が改正され、相続税申告が必要な人は約2倍に増加しました。相続税課税の有無は必ずチェックし、申告が必要なら早めに対策を考えましょう。

...続きを読む

相続

税理士へ質問すると、本を見ながら回答する。この税理士大丈夫?

税理士へ質問すると、本を見ながら回答する。この税理士大丈夫?

時々、質問したことに対して「調べてから回答」「本を見ながら回答」という対応をされるので不安という声を聞きます。確かに、質問に対して即答された方が印象がいいでしょうし、安心感もあると思います。 ただ、大前提をお伝えさせていただきますと「税理士=税法を全て丸暗記している」わけではありません。そもそも、税法は毎年改正があります。それを全て丸暗記するのは現実的ではありません。 ...続きを読む

税理士選び

税理士を選ぶ際、税理士事務所の場所はきにするべき?

税理士を選ぶ際、税理士事務所の場所はきにするべき?

当センターでは、お客様が税理士事務所の場所を気にされるかどうかを確認しています。 お客様によっては、近く(同一市区町村内や、特定の駅)を指定される方もいらっしゃいます。 ここで気をつけていただきたいのが「場所にこだわるのであれば、他の条件には目をつぶっていただく必要性がある」ということです。 ...続きを読む

税理士選び

税理士への依頼料。料金相場、適正価格は結局いくら?

税理士への依頼料。料金相場、適正価格は結局いくら?

最近では「格安」を謳う税理士事務所も多くあります。 しかし、パッと見の料金だけで判断すると大変なことになります。 まず、良く見てください。 「月額顧問料8,000~」等書かれていても、実際にその最低料金が適用される対象が「売上500万円未満」と書かれていたりします。 そして、そういった格安税理士と契約しても一度も面談がなかったり(契約時も郵送の場合あり)、素人が見てもわかるようなミスがあったりすることもあります。 これなら、決算のみの対応をしっかりした税理士にお願いした方がいいですよね。 ...続きを読む

税理士選び

税理士との面談場所、実は事務所以外にも会社や家、近くのカフェでも可能

税理士との面談場所、実は事務所以外にも会社や家、近くのカフェでも可能

お問い合わせいただく際に、「面談は税理士の事務所で」と思っていらっしゃるお客様が非常に多いです。 もちろん、ご自宅や会社へ来てもらうのが嫌だという方もいらっしゃいますが、基本的にはご自宅や会社まで来てくれる税理士の方が圧倒的に多いです。 「事務所へ来てください」と言う税理士は、「少しでも多くのお客様のために時間を割けるように」とか「確定申告期間で多忙のため、隙間時間に何とか対応するので」という場合であれば良いのですが、中には、本気で「自分が行くのは面倒だ」「事務所まで来るのが当たり前」と思っている税理士もいます。 ...続きを読む

税理士選び

2 3 4 5 6 7 8 9 10

上に戻る

無料のご紹介窓口 / 最短即日からのご紹介