税理士紹介トップ > 会社設立・新規

会社設立・新規で税理士をお探しの方

人柄や知識・経験を確認済みの、お客様優先の税理士だけをご紹介します!

料金やサービス内容についても、お客様の代わりにより良い条件に交渉いたします

会社設立を税理士に頼むメリット

会社設立に強い税理士は、司法書士や社会保険労務士等、各種専門家と独自のネットワークを持っており、お客様のためにワンストップでサービスを提供してくれます。

また、創業時の補助金や助成金などの相談や手続きなども行ってもらえるため、会社設立を金銭面からサポートしてもらうことも可能です。

メリット1
必要な手続きに、漏れや間違いがない
メリット2
迅速に、有利に会社設立ができる
メリット3
司法書士や社会保険労務士等、各種専門家と
独自のネットワークを持っている
メリット4
補助金や助成金などの相談や手続きをしてもらえる

もちろんすべて自分でもできることです。

ただ、漏れや間違いが起きる可能性も踏まえた上で時間をかけてでも自分でやるのか、漏れや間違いのないように専門家に依頼して事業の立ち上げに集中するのかはちょっと立ち止まって考えるポイントかもしれません。

会社を設立するには

会社設立はご自分で行うことも可能です。

あなたがご自分で会社設立のための手続きをしようとすると、以下のことが必要になります。それぞれの専門家に文書作成や手続きの作業依頼も必要になります。

  • 会社概要を
    決める

  • 類似商号、
    事業目的の確認
    〜社名決定

  • 印鑑作成

  • 定款作成
    〜認証

  • 銀行口座
    開設

  • 登記申請

  • 税務署や都道府県税事務所の手続き
    ・業種によっては許認可が必要
    ・従業員を雇ったら社会保険の手続き

このように、やらなければいけないことが山ほどありますが、会社設立前後は、事業立ち上げのために本業に集中したい時期のはずです。

それぞれの専門家に頼もうにも税理士、行政書士、司法書士、社会保険労務士などを探すだけでもかなりの時間を割かれることになるでしょう。

有利となる会社設立の一例

ご存知ですか?
会社設立・新規開業には有利・不利があります。

資本金

資本金1,000万円未満で会社を設立すると、1期目は消費税の免税事業者となります。

会社設立時、資本金はなかなか用意しづらいですが、資本金1円などで会社を設立すると、新規取引や銀行からの融資審査の際に“財務的に不安定な会社”と判断される可能性もあるので気を付けましょう。
決算期
資本金1,000万円未満で会社を設立した場合、1期目は消費税の納付義務が免除されます。決算期を短く設定すると、消費税の納付義務が免除される期間が短くなってしまうため、決算月を決める際は注意が必要です。
また、時期や季節により利益が出る月が予め分かっている場合は、その時期が期末ではなく期首になるようにすると、利益処分方法を余裕を持って検討することができるようになります。一般的には、3月、9月、12月決算の会社が多いです。
各種届出
税制上の特典を受けるためには、定められた期限内に提出しなければいけない書類があります。例えば「青色申告の承認申請書」です。これは、“設立の日から3か月を経過した日の前日”または“1期目の事業年度終了の日の前日”のいずれか早い日までに提出する必要があります。
新たに会社を設立される場合に大きく関わってくるのは、青色申告書を提出した事業年度に生じた欠損金を翌期以降9年間にわたって繰り越しできるという点です。
最初から黒字を出せるならあまり関係はありませんが、赤字を繰り越すことで、黒字化したときに過去の赤字と相殺できるようになり、税金が大きく変わります。
融資制度
創業時に受けられる公的融資制度として日本政策金融公庫の「新規開業資金」「女性、若者/シニア起業家支援資金」「再挑戦支援資金」「新事業活動促進資金」等があります。年齢や事業開始後一定期間内に申請が必要等の要件がありますので、早めに準備することが必要です。

会社を設立するときに気をつけること

こんなことを言われたら、その税理士要注意!

資本金

資本金は1円でも
大丈夫です

決算期

決算はいつでも好きな時に
設定すれば良いですよ

各種届出

それは司法書士の仕事なので
自分で探してください

融資制度

融資のことなら政策金融公庫で
聞いてもらえますか

このような発言をする税理士も、
残念ながら実際には少なからず存在します。
なぜこれがダメなのでしょう?

  • 資本金

    資本金は1円でも
    大丈夫です
  • 開業することは可能ですが、その後の融資などに圧倒的に不利になります。本来はそういったアドバイスをする税理士の方が、長くお付き合いできるはずです。
  • 決算期

    決算はいつでも好きな時に
    設定すれば良いですよ
  • 資本金1,000万円未満で会社を設立した場合、1期目は消費税の納付義務が免除されます。決算期を短く設定すると、消費税の納付義務が免除される期間が短くなってしまうため、決算月を決める際は注意が必要です。
  • 各種届出

    それは司法書士の仕事なので
    自分で探してください
  • 他の士業の方とのネットワークがないということです。事業を続けていけば必ず司法書士や行政書士などが必要になります。そのつどご自分で探して別々に作業を依頼するよりは、ワンストップでサービスを提供してくれる税理士がいる方がどれだけ頼もしいことかは明白です。
  • 融資制度

    融資のことなら政策金融公庫
    で聞いてもらえますか
  • 創業補助金や創業融資など、いろいろな金融サポートの知識を持っていないか、持っていても面倒ということなのでしょう。相談やアドバイスができないとなると、会社の成長をサポートしてくれる税理士とは言い難いですね。

税理士の探し方

そうは言っても
どうやって税理士を探せば良い?

知人に紹介
してもらう?

インターネットで
検索して探す?

でもどちらも担当してくれる税理士の
細かい所まで知るのは難しいですよね?
私どもにご相談される方も同じようなお悩みをお持ちです。

ご自分で税理士を探すのが難しい理由

関連コラム

個人事業主が従業員を雇う際の注意点

個人事業でやや軌道に乗ってくると、あなたひとりでは仕事をしきれなくなってきます。 そこで従業員を雇うことになるのですが、その場合、いろいろなルールが定められているので、...
請求書の正しい書き方

請求書の正しい書き方と基礎知識。記載すべき項目をまとめました。

請求書は、代金の入金より前に商品やサービスを提供したときに、代金を請求するための書類です。商取引で広く取り交わされているので、請求書の記載事項については、ある程度習慣と...
2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s

サラリーマンが起業する際に知って得する節税情報

インターネットの普及で、起業のハードルは低くなってきました。しかし起業すると事業の責任をすべて背負わなければならないのが、サラリーマンとは大きく異なります。税金について...
img011_1

ベンチャーキャピタルから融資を受ける方法とその流れ

直接金融の代表的存在が「ベンチャーキャピタル」 シードステージやアーリーステージにあるベンチャー企業が資金を調達する方法には、借入や社債の発行などによる「間接金融」と、...
img004_2

法人設立に必要な提出書類一覧

前回は、個人で開業するにあたり作成及び提出が必要となる書類や、作成及び提出が可能な書類をまとめました。今回は、新たに会社を設立した場合に作成及び提出が必要となる書類や、...
img010_1

医療法人設立の方法。必要なことは?

法人には株式会社や一般社団法人、財団法人など様々な種類があり、それぞれの設立方法が異なるのが特徴となっています。この設立方法が異なる理由は、管理している法律が違うためで...
img007_1

法人決算の年間スケジュール。しっかり対応することで利益を拡大しよう

会計期間の経営活動の結果を明らかにする決算は、会社法により「年に1回以上、決まった時期に決算する」ことが定められています。そのため、多くの法人では、定款にて3月または1...
8f248480d652b20b1d92f244744b95fb_s

税務調査とその対応方法。税理士に外注した場合の費用は?

税務調査と聞くと身構えてしまう方が多いかもしれません。しかし税務調査は事業をやっている限り、どの事業主にも無関係ではありません。いざ税務調査が入った場合、どのような流れ...
d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

株式会社と合同会社(LLC)って何が違うの?法人形態の違いについて。

いざ会社を作る際、株式会社にするか合同会社にするか迷う事もありますよね。結局何が違って、あなたはどっちの形態をとるべきなのでしょうか?この記事ではそんな疑問にお答えしま...
2ffd7b1f3cb63a52f9418ba6bf6ad65a_s

税理士と法人顧問契約をした場合、こんな業務の流れになります。

税理士に法人顧問を依頼することができることは知っているけれど、具体的にどんなことをしてもらえるのか疑問に思っている方はいませんか?顧問税理士が経営者のためにできることは...

その他会社設立・新規開業のコラム一覧を見る

上に戻る

無料相談窓口 / 最短即日のご紹介 / 匿名も可能!