税理士紹介トップ > 相続税・贈与税に強い税理士をお探しの方

相続・贈与に強い税理士を何度でも無料でご紹介!

人柄や知識・経験を確認済みの、お客様優先の税理士だけをご紹介します!

料金やサービス内容についても、お客様の代わりにより良い条件に交渉いたします

年間の相続税課税対象件数約5万件に対して、
国内の税理士は約7万人
つまり、取扱件数は一人平均1回に満たないのです。

※H22年度「国税庁統計年報書」、「国税庁レポート2011」より

相続税申告・贈与税申告に強い税理士とは?

その1
相続税申告の専門知識がある
その2
相続税申告の実務経験が豊富
その3
不動産の知識がある、あるいは
不動産鑑定士などのネットワークを持っている

少なくとも上記の3条件を満たす税理士を選んでください。

また税理士報酬と納税額のバランスを考えることも大事です。

相続税に関しては、事前の対策も含め、相続税申告作業の中心となる財産評価の考え方にかなりの幅があるため、税理士の知識、経験、ノウハウの差が納税額に大きく影響します。そのため、例えば税理士報酬が10万円安いからという理由でお願いしたら、納税額が100万円以上多かったなどという話もよく聞きます。

相続税申告に関わる税理士費用の適正料金目安は、概ね相続財産の0.5〜1%程度となります。

相続税申告の専門知識と実務経験

平成26年分の相続税の申告状況について、国税庁から発表されている調査資料に以下のようなものがあります。

平成26年 税務調査の内情

相続税の申告書(相続税額があるもの)の提出に係る被相続人数 56,239人

実地調査件数 12,406人

申告漏れ等の非違件数 10,151人

つまり平成26年については、相続税申告をしたうちの約22%程度に税務調査が入り、そのうち約81.8%が、何らかの申告漏れを指摘されているということになります。さらに、この申告漏れのうち12.4%にあたる1,258件で追徴課税にあたる重加算税が賦課されているという事実があります。

このことからも分かるように、相続税申告には確かな専門知識と豊富な実務経験が必要とされ、どんな税理士に依頼するかによって、その後の流れや納税額に大きな差が生じてくるのです。

相続税申告になぜ不動産の知識が必要?

実は相続財産のうち不動産が占める割合は40%以上にのぼります*。

そのため土地の評価方法によって、相続税申告額が大きく変わってくるということがよくあります。

* 国税庁発表「平成26年分の相続税の申告状況について」より

事例 1) 小規模宅地等の特例

photo

これは一定の要件を満たした場合に最大80%の評価減の特例を受けられるものです。

例えば、対象土地(相続税評価1億円と仮定)が80%の評価減を受けられる場合に、この特例の適用をしなかったら、本来であれば2,000万円の部分にしか課税されないものが、1億円に対して課税されることとなります。仮に、税率が40%とした場合、3,200万円余分な税金を払わなければならないことになります。

小規模宅地等の特例については、非常に有名なものなので、知らない税理士はほとんどいません(たまにいるようです)が、2010年の税制改正によって適用基準が変わっていても、勉強していない税理士であれば知らずに従前の条件のまま申請し、適用を受けられない可能性もあります。

事例 2) 広大地

photo

知っているかどうかによって評価が変わってくる例としましては「広大地」というものがあります。広大地とは、その地域における標準的な宅地の地積に比して著しく地積が広大な宅地で、都市計画法第4条第12項に規定する開発行為を行うとした場合に公共公益的施設用地の負担が必要と認められるものをいいます。

広大地と判定されれば、例えば、地積が1,000㎡だとしたら補正率は0.55となり、それだけ評価額が下がります。しかし税務当局の広大地としての判定は厳しく、税理士としては知っていても適用することに二の足を踏む方も多いようです。

このように土地の評価減には様々なものがありますが、税理士の経験値によって「適用できるのに適用していない」という話もよく聞きます。

相続税申告に強い税理士は、経験豊富であるとともに、不動産鑑定士等といった各種専門家とも連携していますので、お客様としては総合的なサポートを受けることが可能です。

税理士としては、土地の評価業務に詳しくないために高い評価をつけてしまい、結果的に納税額が大きくなるということもあるのです。

次へ 「相続税申告が必要な人とは?」

上に戻る

無料のご紹介窓口 / 最短即日からのご紹介