税理士紹介トップ > 税理士紹介担当者コラム

税理士紹介担当者コラム

人柄や知識・経験を確認済みの、お客様優先の税理士だけをご紹介します!

料金やサービス内容についても、お客様の代わりにより良い条件に交渉いたします

記事一覧

オーナー企業は自社株の相続税対策も必要?法人も不動産を使って節税対策を。

6e58085fe851ff3dd8c8edf07aaba7b3_s

企業のオーナーの相続税対策として重要なのが、自身が保有する会社の株式(自社株)の評価額をできるだけ引き下げることです。 オーナー社長が亡くなったときは、社長個人の資産に加えて、自社株も相続税の課税対象になります。相続税対策ができていないと、納税資金が不足したばかりに、泣く泣く自社株すなわち経営権を他人に売り渡すことにもなりかねません。企業の価値は高いに越したことはないのですが、相続税対策としては、自社株の評価額を引き下げる方法を考えなければなりません。 ...続きを読む

相続

二次相続の事までを考えて相続手続きを!同じ条件でも2,000万円ほど税額が変わってしまう!?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

先日、相続に関してこんなお問い合わせをいただきました。 「数年前オフィス向け不動産を所有している父が亡くなり、現預金合わせて数億円の資産がありました。 その際、親族間で遺産分割で合意に至らず長引いてしまったためとりあえず母が半分を、残りを兄弟で分割したのですが 先日母も無くなったため再度相続が発生してしまいました。 2次相続でまた相続税がかかってしまうと聞いたのですが、なんとか税額を抑える方法はありませんか?」

相続税の適正額を診断したいあなたはは、まずはこちらからお問い合わせ>

...続きを読む

相続

税理士の相続手続きの料金相場を公開!無料相談も利用しよう

税理士に相続のことを相談したいけれど、「士業の方に相談すると高くつくのでは?」と不安で相談を迷っている方はいませんか。相続に関しては、迷っている時間のロスが大きな損につながることがあります。特に相続税で損をしたくないのであれば、できるだけ早めに相続専門の税理士に相談しましょう。


...続きを読む

相続

相続が得意な税理士と苦手な税理士がいるって本当?

相続が得意な税理士と苦手な税理士がいるって本当?

当サイトでも、税理士にはそれぞれ得意分野があり、相続に至っては税理士1人あたり 年間1件も申告していないということをお伝えしています。 今回は、なぜこのような差がついてしまうかということについてお伝えしたいと思います。 ...続きを読む

相続

相続は誰に相談するべき?税理士の無料相談を賢く使おう!

近親者が急に亡くなって突然相続の話が持ち上がったり、遠方の親族が亡くなって思いもよらない相続の話に巻き込まれたり……相続の話は他人事ではありません。突然思いもよらない「相続」に向き合わなければならなくなった時、誰に相談するべきなのでしょうか。


...続きを読む

相続

遺言書の遺し方・開封の仕方と、知っておきたい遺留分という権利

最近、「終活」が話題となっています。自分の人生を振り返り、いつか来る別れの日に向けて、身辺の整理をしていく活動ですが、多くの方が実際に終活を始めています。その中でも残された人々に大きな影響を与えるのは、遺言書の作成です。遺言書とはどんなものなのでしょうか。遺言書について知っておきたいことをご紹介します。

...続きを読む

相続

遺産分割トラブル回避のために、遺産分割協議書や遺言書を作成しよう

みなさんは「遺産相続」と聞くと、どのようなイメージがありますか。「うちはみんな仲がいいし、大層な遺産なんてないからもめないわ」と考えている方も多いかもしれませんね。

でも遺産に関わるトラブルは、いつの世も絶えることがありません。実は増えている、とも言われているのです。遺産の分割はなぜ問題になりやすいのでしょうか。そしてトラブルにならないためにはどうすれば良いのでしょうか。


...続きを読む

相続

相続税基礎控除と相続財産の把握・財産評価

相続人となって不動産などの財産を相続する際、心配なのが【相続税】の問題ではないでしょうか。また相続財産の把握や、相続財産の評価など、相続税に関して気になるポイントを整理してみましょう。

...続きを読む

相続

【土地相続の基本】相続人と財産相続の割合について

土地・不動産をはじめ、相続の基本として知っておきたいことに、【法定相続人】と【相続税基礎控除】があります。今回は、法定相続人と、相続税基礎控除に関する問題を見てみましょう。

...続きを読む

相続

財産を相続する前に読んでほしい!相続に必要な手続き

財産を所有していた親族が亡くなると、その財産を相続することになります。相続は配偶者をはじめ、近親者から行われます。

そのため、愛する人の死で打ちひしがれた気持ちの中、葬儀やその後に続く法事に関するこまごまとした手続きに忙殺されながら、財産の相続についても考えていかなければなりません。

しかし、いくら親族が集まったからとはいえ、葬儀をはさんだ数日間で遺産のすべてをチェックし、分与について話し合い、さらに手続きまで終わらせようとすることは大変な労力です。また遺産相続について知らないことばかりでは、スムーズに話し合いが進みません。

そこで、財産を相続するかもしれないと気づいた時、まだ両親・兄弟が健在なうちに家族みんなで読んで知っておいて頂きたい、相続に必要な手続きと、相続のスケジュールについてご紹介していきます。


...続きを読む

相続

1 2 3

上に戻る

無料のご紹介窓口 / 最短即日からのご紹介