税理士紹介トップ > 税理士紹介担当者コラム

税理士紹介担当者コラム

人柄や知識・経験を確認済みの、お客様優先の税理士だけをご紹介します!

料金やサービス内容についても、お客様の代わりにより良い条件に交渉いたします

記事一覧

【お盆特集】相続をうまく行う2つの方法!同じ条件でも2,000万円ほど税額が変わってしまう!?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

先日、相続に関してこんなお問い合わせをいただきました。 「数年前オフィス向け不動産を所有している父が亡くなり、現預金合わせて数億円の資産がありました。 その際、親族間で遺産分割で合意に至らず長引いてしまったためとりあえず母が半分を、残りを兄弟で分割したのですが 先日母も無くなったため再度相続が発生してしまいました。 2次相続でまた相続税がかかってしまうと聞いたのですが、なんとか税額を抑える方法はありませんか?」

相続税の適正額を診断したいあなたはは、まずはこちらからお問い合わせ>

...続きを読む

相続

平成27年から、相続税の基礎控除が引き下げられました。 うちは相続税が発生するのでは?とご心配な皆様へ

基礎控除改正点

平成26年まで 5,000万円+1,000万円×法定相続人の数 平成27年から 3,000万円+600万円×法定相続人の数 そこで朗報!! 平成27年に改正された「小規模宅地等の特例」を活用して、節税につなげましょう! 小規模宅地等の特例とは、亡くなった人(被相続人)が保有していた自宅や事業所や貸家などの土地の評価額をある一定の面積までは80%減額できるというものです。 ここで改正の大きなポイントを3つご説明します。 ...続きを読む

相続

自社株の評価額を低く見せる方法。オーナー企業の相続注意点

6ecae5444f34486c127ab811b2fc3e99_s

企業のオーナーが亡くなったときは、個人の資産に加えて、自身が保有していた会社の株式(自社株)も相続税の課税対象になります。相続税対策ができていないと、納税資金が不足して自社株を売り渡すことにもなりかねません。 ...続きを読む

相続

オーナー企業は自社株の相続税対策も必要?法人も不動産を使って節税対策を。

6e58085fe851ff3dd8c8edf07aaba7b3_s

企業のオーナーの相続税対策として重要なのが、自身が保有する会社の株式(自社株)の評価額をできるだけ引き下げることです。 オーナー社長が亡くなったときは、社長個人の資産に加えて、自社株も相続税の課税対象になります。相続税対策ができていないと、納税資金が不足したばかりに、泣く泣く自社株すなわち経営権を他人に売り渡すことにもなりかねません。企業の価値は高いに越したことはないのですが、相続税対策としては、自社株の評価額を引き下げる方法を考えなければなりません。 ...続きを読む

決算対策・節税 相続

相続税対策のための賢い不動産投資のコツ

img013_2

2015年の相続税の改定で基礎控除額が引き下げられたことによって、相続税が課税される人が増えるといわれています。相続税対策として不動産投資を考えられる方も多いのではないでしょうか。ここでは相続税対策のための賢い不動産投資方法として、賃貸アパート建築とタワーマンションの購入をご紹介します。 ...続きを読む

相続

暦年課税と相続時精算課税を知って相続で損をしない

img009_1

贈与が発生した際、納税者となるのは贈与を受け取った相手方であり贈与を与えた当事者ではないと言うこと、ご存知でしたか?こうした贈与は民法によって規定されており、贈与時に「課税される財産」と「課税されない財産」とに分類できることを知っておくことが大切です。 ...続きを読む

相続

相続税対策に使える生命保険の活用法(非課税枠の活用)

img001_1

2015年1月施行の贈与税・相続税の改正によって「基礎控除の引き下げ」と「相続税率の見直し」が行われ、支払う税金が多くなるように変わりました。こうした相続税の改正を受けて、世間では生命保険を使った相続税対策が注目を集め出しており新規加入や保険の見直しが行われています。 ...続きを読む

相続

生前対策を税理士に頼んだ方がいい場合。利点とメリット

生前対策を税理士に頼んだ方がいい場合。利点とメリット

平成27年の相続税の増額改定により、従来よりも相続税対策に興味のある方が増えているのではないでしょうか?相続税を回避しようとして生前に贈与を行った場合には贈与財産に対して贈与税が課されることになります。 一般的に贈与税は相続税よりも税率が高く設定されているため、同一財産であれば相続によった場合の方が税額は安くなります。しかし、条件によっては生前贈与を実施した方が税額を安くできる場合もあります。では、生前贈与を行うことで節税効果を得られる場合とはどういう場合なのか解説します。 ...続きを読む

相続

海外資産の相続するにあたり、日本での相続税申告は必要か

海外資産の相続するにあたり、日本での相続税申告は必要か

2015年1月に実施された相続税法の改正により、相続税額に敏感になっている人が多い今、海外資産の相続についても相続税の申告が必要なのかどうかについて解説します。 ...続きを読む

相続

相続財産の評価。どんな場合、税理士に相談したほうがいいのか

自社株の評価額を低く見せる方法

2014年も残すところあとわずかとなり、相続税制の改正まで1カ月を切りました。 ここで、改めて相続税の申告を行わなければいけないかどうか、 ある程度の判断ができるようにするためにまとめてみました。 ...続きを読む

相続

上に戻る

無料のご紹介窓口 / 最短即日からのご紹介