お役立ちコラム

意外と知らない節税の注意点や税理士を選ぶポイントなど、税理士、税務に関する様々な豆知識をご紹介するお役立ちコラムです。

料金やサービス内容についても、お客様の代わりにより良い条件に交渉いたします

記事一覧

二次相続で損をしないための節税ポイントと一次相続との違いを解説

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

 父母同時死亡の場合を除き、一般的には父、母の死亡に伴って相続は2回発生します。1回目の相続だけを考えていると、2回目の相続のときに大きな税負担となることがあります。そこで今回は、二次相続で損をしないための節税ポイントと、一次相続との違いなどを解説していきます。 ...続きを読む

相続税申告

不動産評価方法を紹介!評価額計算のポイントも

不動産相続をする上で、その評価額は非常に気になるポイントです。売却できる不動産なら、相続税が発生しても支払えるかもしれませんが、売却できない不動産なら、相続税を自腹で支払わなければなりません。そこで不動産の評価方法についてと、相続税節税のために不動産の評価を下げる方法について調べてみました。

...続きを読む

不動産の相続

財産を相続する前に読んでほしい!相続に必要な手続き

財産を所有していた親族が亡くなると、その財産を相続することになります。相続は配偶者をはじめ、近親者から行われます。

そのため、愛する人の死で打ちひしがれた気持ちの中、葬儀やその後に続く法事に関するこまごまとした手続きに忙殺されながら、財産の相続についても考えていかなければなりません。

しかし、いくら親族が集まったからとはいえ、葬儀をはさんだ数日間で遺産のすべてをチェックし、分与について話し合い、さらに手続きまで終わらせようとすることは大変な労力です。また遺産相続について知らないことばかりでは、スムーズに話し合いが進みません。

そこで、財産を相続するかもしれないと気づいた時、まだ両親・兄弟が健在なうちに家族みんなで読んで知っておいて頂きたい、相続に必要な手続きと、相続のスケジュールについてご紹介していきます。

...続きを読む

相続税申告

生前贈与を相談できる5種のプロと、利用できる無料相談

生前贈与についてもっとよく知りたい、できることは何かをちゃんと理解したい!と思った時、どこに相談すれば良いのでしょうか。実は相続関連に詳しいプロは、5種類の資格者なのです。生前贈与に関する書籍もたくさん販売されていますが、読んでもピンとこないという方も多いですよね。そんな時に気軽に相談できる、無料相談についてもチェックしてみましょう。

...続きを読む

生前対策、生前贈与

遺言書の遺し方・開封の仕方と、知っておきたい遺留分という権利

最近、「終活」が話題となっています。自分の人生を振り返り、いつか来る別れの日に向けて、身辺の整理をしていく活動ですが、多くの方が実際に終活を始めています。その中でも残された人々に大きな影響を与えるのは、遺言書の作成です。遺言書とはどんなものなのでしょうか。遺言書について知っておきたいことをご紹介します。

...続きを読む

相続税申告

国際相続が発生する海外資産について網羅的に解説

海外資産を相続する場合には、どの国の法律が適用されるのか、相続税はどこで納税するのか、手続きの方法はどうやるのかなど、国内の相続以上に難しい判断と複雑な手続きが必要となります。

また、場合によっては国内と海外で二重課税となる場合もあることから、控除による二重課税回避などの手続きも必要になります。

この記事では、海外資産の相続税に関して詳しく解説します。

...続きを読む

相続税申告

相続税を計算してみよう!事前に知っておきたい相続税

自分が相続人になったら――若い頃はあまり気にしたことがないかもしれませんが、自分も中年を迎え、両親やその兄弟が高齢になる頃には、両親の終活や亡くなった後の物の始末、相続などが気になり始めるのではないでしょうか。

特に不安や疑問を抱いてしまうのが、【相続税】に関することですね。自分が相続人になった時、相続税はいくらかかるのか、今から計算できるのか、どんな準備が必要なのかなどをまとめてみました。

...続きを読む

不動産の相続

農地を相続したらどうすればいい?手続き・税金・対処法などを解説

相続遺産に農地が含まれている場合、農地法による制限や税金の納付猶予制度、軽減措置などさまざまなことを考慮して手続きを行わなければなりません。

加えて、農地の跡継ぎ問題などさまざまな相続トラブルにもつながりやすいものです。

そこで今回は、農地の相続における手続き方法や税金にかかわる各種制度、相続対策やよくあるトラブルなどについて詳しく解説します。

...続きを読む

不動産の相続

小規模宅地等の特例とは?要件や減額例と注意点をわかりやすく解説

小規模宅地等の特例は、相続税額を大幅に減額できる可能性がある特例です。ただし、適用するには複雑な要件を満たさなければなりません。この記事では、小規模宅地等の特例の概要と適用の要件などを解説しています。また、押さえておきたい注意点やよくある質問も掲載しています。相続税額を抑えたいと考えている方、この特例を適用可能か気になる方はは、ぜひ確認しておきましょう。

...続きを読む

不動産の相続

広大地評価の廃止と「地積規模の大きな宅地」の新設について解説

これまで地積規模の大きな宅地の相続税評価は「広大地評価」が適用されていました。

しかし「広大地評価」には曖昧な点が多く混乱を招いたため、2017年9月に、より評価要件が明確化された地積規模の大きな宅地の評価が規定され、広大地評価は廃止となっています。※1

この記事では地積規模の大きな宅地の適用要件や広大地評価との違い、適用時の注意点について詳しく解説します。

...続きを読む

不動産の相続

1 2 3 4 5 6 7 8 9

上に戻る

無料のご紹介窓口 / 最短即日からのご紹介