税理士紹介トップ > 税理士紹介担当者コラム

税理士紹介担当者コラム

人柄や知識・経験を確認済みの、お客様優先の税理士だけをご紹介します!

料金やサービス内容についても、お客様の代わりにより良い条件に交渉いたします

記事一覧

生前贈与された不動産、損をせずに売却するために知っておきたいこと

一戸建てのイメージ写真

贈与された不動産があるけれど、固定資産税もかかるし管理も大変なので売却したい、というケースは少なくありません。また「不動産で贈与されても困るから、すぐに売却してもいい?」と子どもから相談されるケースもありますよね。贈与後の不動産を売却する時に注意したいのは、どういったポイントなのでしょうか。


...続きを読む

生前対策

社団医療法人の特例を把握し、得意とする税理士を

ef384ec7adf00c35693b8b1af6db2dfd_s

医療法人とは、「病院、医師もしくは歯科医師が常時勤務する診療所又は介護老人保健施設を開設することを目的として、医療法の規定に基づき設立される法人」のことをいいます。医療法人はその形態によって大きく「社団医療法人」と「財団医療法人」とに分類されますが、大多数は「社団医療法人」に該当します。また、社団医療法人にも以下のような様々な種類が存在します。 ...続きを読む

税理士選び

税理士と法人顧問契約をした場合、こんな業務の流れになります。

2ffd7b1f3cb63a52f9418ba6bf6ad65a_s

税理士に法人顧問を依頼することができることは知っているけれど、具体的にどんなことをしてもらえるのか疑問に思っている方はいませんか?顧問税理士が経営者のためにできることは多岐にわたります。そのため、契約の際に何をどの程度してもらうか具体的に決めていくことになりますが、以下に税理士に法人顧問を依頼した場合の業務の流れの一例を示します。 ...続きを読む

決算対策・節税

オーナー企業は自社株の相続税対策も必要?法人も不動産を使って節税対策を。

6e58085fe851ff3dd8c8edf07aaba7b3_s

企業のオーナーの相続税対策として重要なのが、自身が保有する会社の株式(自社株)の評価額をできるだけ引き下げることです。 オーナー社長が亡くなったときは、社長個人の資産に加えて、自社株も相続税の課税対象になります。相続税対策ができていないと、納税資金が不足したばかりに、泣く泣く自社株すなわち経営権を他人に売り渡すことにもなりかねません。企業の価値は高いに越したことはないのですが、相続税対策としては、自社株の評価額を引き下げる方法を考えなければなりません。 ...続きを読む

相続

税理士と公認会計士って何が違うの?業務内容の違いから考えよう。

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

よくある質問の一つに、「税理士と公認会計士って何が違うの?」というものがあります。税理士も公認会計士もその道のプロフェッショナルであることは何となく分かるけど、具体的な業務内容の違いが分からないという方のために、今回はそれぞれの具体的な業務内容について解説します。 ...続きを読む

税理士の変更

日本政策金庫の融資ってどうやって受けるの?手続きは税理士に頼める?

1d8f62f9d33895d8ab4e576fd441c377_s

日本政策金融公庫は一般の金融機関が行っている融資を補完することを目的としているため、多種多様な融資を行っています。事業を行っていく上で、いざという時のために自分が利用できる融資制度の手続きを知っておくことは重要です。今回は日本政策金庫公庫の融資を受けるための手続きについて解説します。 ...続きを読む

助成金

税理士が対応できない依頼内容まとめ。だからあなたの依頼は断られる!

税理士が対応できない依頼内容まとめ。だからあなたの依頼は断られる!

税理士のホームページを見ると、色んなことをやりますと書いてあり、具体的に 何をしてもらえるのか検討もつかない方がほとんどだと思います。 税理士の独占業務は ①税務代理 ②税務申告書類作成 ③税務相談 の3つです。 その他付随業務として、記帳代行、給与計算、年末調整、資金調達支援、 会社設立等もやっています。業務範囲が広いので、どこまでお願いできるのか、 どこまでお願いしていいのか迷う方も多いと思います。

今回は、「税理士では対応できない業務」についてまとめました。 ...続きを読む

資金調達・融資

個人事業主なら知っておきたい経費の分け方。勘定科目の種類一覧、経費になるものならないもの

個人事業を営む方は経費にできるもの、できないものの分け方や分けるポイントをご存じですか。経費がかかるたびに計上して良いのかどうか悩んでいる人も多いでしょう。そこで今回は、最適な確定申告ができるよう、経費の種類と経費にできるもの、できないものをまとめました。必要以上の税金を納めないためにもしっかり理解しておきましょう。 ...続きを読む

確定申告

個人事業主必見!必ず押さえたい有効な節税のポイント!

img006_1

個人事業主の方は1年に1度確定申告をおこなって納めるべき税金額を自ら申告しなければなりません。この税金はきちんと節税対策をおこなうことで軽減することができます。今回は個人事業主の節税についてくわしく解説していきます。

...続きを読む

確定申告

法人決算の年間スケジュール。しっかり対応することで利益を拡大しよう

img007_1

会計期間の経営活動の結果を明らかにする決算は、会社法により「年に1回以上、決まった時期に決算する」ことが定められています。そのため、多くの法人では、定款にて3月または12月に決算期を設定しています。ただし、あくまで年に1回以上の決算をすればよく、この決算期は法人ごとに自由に決められるようになっているのです。 こうした決算時期は、法人の種類によって決め方が変わります。株式会社であれば株主総会によって決められ、合同会社であれば総社員の同意にて決算期を決定します。また法人ごとの決め方に従えば、すでに経営を行っている企業であっても、決算日の変更をすることもできるのです。 ...続きを読む

決算対策・節税

1 2 3 4 5 6 7 8 9

上に戻る

無料のご紹介窓口 / 最短即日からのご紹介