税理士紹介トップ > 税理士紹介担当者コラム

税理士紹介担当者コラム

人柄や知識・経験を確認済みの、お客様優先の税理士だけをご紹介します!

料金やサービス内容についても、お客様の代わりにより良い条件に交渉いたします

記事一覧

法人設立に必要な提出書類一覧

img004_2

前回は、個人で開業するにあたり作成及び提出が必要となる書類や、作成及び提出が可能な書類をまとめました。今回は、新たに会社を設立した場合に作成及び提出が必要となる書類や、作成及び提出が可能な書類をまとめていきます。 ...続きを読む

会社設立・新規開業

個人事業開業に必要な提出書類一覧

b5ce9e13feb240bebdcbecfffe7e0211_s

開業するにあたって作成及び提出する必要がある書類にはどのようなものがあるかご存知ですか?今回は、個人の方が開業するにあたり作成及び提出が必要となる書類や、作成及び提出が可能な書類をまとめました。 ...続きを読む

確定申告

医療法人設立の方法。必要なことは?

img010_1

法人には株式会社や一般社団法人、財団法人など様々な種類があり、それぞれの設立方法が異なるのが特徴となっています。この設立方法が異なる理由は、管理している法律が違うためで、例えば株式会社なら「会社法」によって設立ルールが決まっています。このように法人の種類が違えば役割も異なり、その結果としてルールも違うため、法人の種類ごとにその設立の流れを把握しておく必要があります。 ...続きを読む

会社設立・新規開業

暦年課税と相続時精算課税を知って相続で損をしない

img009_1

贈与が発生した際、納税者となるのは贈与を受け取った相手方であり贈与を与えた当事者ではないと言うこと、ご存知でしたか?こうした贈与は民法によって規定されており、贈与時に「課税される財産」と「課税されない財産」とに分類できることを知っておくことが大切です。 ...続きを読む

相続

中小企業の節税対策方法まとめ①

a68a57a36b1a75c8b23e08878712136e_s

中小企業経営者の代表的な関心事の一つとして、節税対策があげられます。せっかく稼いだお金をあとから税金として納めなければならないので、できるだけ納税額を減らしたいと思うのも無理はありません。 そこで多くの経営者が犯す間違いはお金が出ていって資産としても残らない節税をしてしまうことです。不必要な資産を買ったり、派手な接待をしたりして手元の資金を減らしてしまっては、次年度からの経営が成り立たなくなります。 ここではお金が出ていかない節税対策を中心にご紹介します。適切な節税によってできるだけ資金を手元に残し、未来につながる経営をしましょう。 ...続きを読む

決算対策・節税

株式会社と合同会社(LLC)って何が違うの?法人形態の違いについて。

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

いざ会社を作る際、株式会社にするか合同会社にするか迷う事もありますよね。結局何が違って、あなたはどっちの形態をとるべきなのでしょうか?この記事ではそんな疑問にお答えします。 ...続きを読む

会社設立・新規開業

相続税対策に使える生命保険の活用法(非課税枠の活用)

img001_1

2015年1月施行の贈与税・相続税の改正によって「基礎控除の引き下げ」と「相続税率の見直し」が行われ、支払う税金が多くなるように変わりました。こうした相続税の改正を受けて、世間では生命保険を使った相続税対策が注目を集め出しており新規加入や保険の見直しが行われています。 ...続きを読む

相続

法人税節税に使える、がん保険の活用方法

img003_1

利益に対してかかる法人税を節税するためには、一番簡単な方法が「費用を計上」して利益を減らすことです。ただし単に費用を計上し節税するのではなく、将来的にメリットとして返ってくる法人税対策の方がいいですよね。 そうした対策として注目を集めているのが法人保険に加入することであり、中でも「法人向けがん保険」が注目を集めています...続きを読む

決算対策・節税

法人税節税に使える、生命保険の活用法

img005_1

終身保険に養老保険、定期保険など生命保険には様々な種類の保険があり、人生での万が一の場合に補償をしてくれています。そのため、仕事盛りの会社員や、家族を持ち始めたご夫婦などは「生命保険」に加入する場合も多いでしょう。ただ、こうした「生命保険」は、ビジネス上では補償以外にも、法人税の節税にも寄与するものとなっています。 ...続きを読む

決算対策・節税

法人税節税に向けた、保険屋さんとの上手な付き合い方

img002_1

経営活動をしていく上で、利益が発生すれば法人税を納めることは企業の義務となっています。ただ、利益を出しているのであれば、法人税として納めずに、その利益を再投資して事業拡大を図りたいと企業経営者は考えるものです。 このように法人税を節税するためには、「利益を減らすように事業すること」が重要となり例えば「短期前払費用」を計上する方法があります。 ...続きを読む

決算対策・節税

4 5 6 7 8 9 10 11 12

上に戻る

無料のご紹介窓口 / 最短即日からのご紹介