税理士紹介トップ > 税理士紹介担当者コラム

税理士紹介担当者コラム

人柄や知識・経験を確認済みの、お客様優先の税理士だけをご紹介します!

料金やサービス内容についても、お客様の代わりにより良い条件に交渉いたします

記事一覧

海外資産の相続するにあたり、日本での相続税申告は必要か

海外資産の相続するにあたり、日本での相続税申告は必要か

2015年1月に実施された相続税法の改正により、相続税額に敏感になっている人が多い今、海外資産の相続についても相続税の申告が必要なのかどうかについて解説します。 ...続きを読む

相続税申告

相続財産の評価。どんな場合、税理士に相談したほうがいいのか

自社株の評価額を低く見せる方法

2014年も残すところあとわずかとなり、相続税制の改正まで1カ月を切りました。 ここで、改めて相続税の申告を行わなければいけないかどうか、 ある程度の判断ができるようにするためにまとめてみました。 ...続きを読む

相続税申告

青色申告のメリットや注意点をまとめました

青色申告のメリットや注意点をまとめました

青色申告について 「今まで白色だったけど、せっかく税理士にお願いするなら今年から青色にしたい」 「不動産賃貸をしているけど、青色申告にして65万円の控除を受けたい」 といった声を聞くことがあります。 ・青色申告とはそもそも何なのか ・青色申告について多い誤解 といったところをまとめてみました。 ...続きを読む

確定申告

税理士に節税のアドバイスをしてもらうにはどうすればいいのか?

失敗しない税理士の選び方。税理士業界の裏話

税理士に対して「節税のアドバイスがない」事を理由として税理士を変更したいというお問い合わせを数多くいただきます。 節税のアドバイスをしてくれる税理士が「良い税理士だ」とお伝えしていますが、 節税のアドバイスといっても、お客様のご状況によってできること・できないことがあります。 そもそも、節税のアドバイスはどこまで求められるものなのでしょうか? ...続きを読む

決算対策・節税

税理士に節税のアドバイスを頼む時のポイント

税理士に節税のアドバイスを頼む時のポイント

税理士のご紹介にあたり「節税のアドバイスをくれる税理士を紹介して欲しい」というお問い合わせをよくいただきます。 考え方として「(脱税ではなく)可能な限り納税額を抑えたい」という方もいれば、「とにかく利益を出して納税することこそ国民の努めだ」という方もいらっしゃいます。 どちらが良いかは別として、税理士は、税制に則ってどのような手段を採れば良いか、節税にこだわりすぎてキャッシュがなくなることのないように等の視点からお客様の考え方に合わせて提案をします。 (ただし全ての税理士がそういったお客様目線で対応してくれるわけではありません。お客様目線で対応してくれるかどうかは税理士の対応の仕方から判断しましょう。) ここでは、税理士に節税のアドバイスを求める際に必要なことを挙げます。 ...続きを読む

決算対策・節税

資金調達に強い税理士と弱い税理士の見分け方

自社株の評価額を低く見せる方法

「資金調達ならお任せください」とホームページに謳っている税理士事務所を 見かける方もよくいらっしゃると思います。 税理士は、銀行に対して何ができるのでしょうか? 資金調達に強い税理士は、そうでない人と何が違うのでしょうか? ...続きを読む

資金調達・融資

4 5 6 7 8 9 10 11 12

上に戻る

無料のご紹介窓口 / 最短即日からのご紹介