税理士紹介トップ > 会社設立・新規

会社設立・新規で税理士をお探しの方

人柄や知識・経験を確認済みの、お客様優先の税理士だけをご紹介します!

料金やサービス内容についても、お客様の代わりにより良い条件に交渉いたします

会社設立を税理士に頼むメリット

会社設立に強い税理士は、司法書士や社会保険労務士等、各種専門家と独自のネットワークを持っており、お客様のためにワンストップでサービスを提供してくれます。

また、創業時の補助金や助成金などの相談や手続きなども行ってもらえるため、会社設立を金銭面からサポートしてもらうことも可能です。

メリット1
必要な手続きに、漏れや間違いがない
メリット2
迅速に、有利に会社設立ができる
メリット3
司法書士や社会保険労務士等、各種専門家と
独自のネットワークを持っている
メリット4
補助金や助成金などの相談や手続きをしてもらえる

もちろんすべて自分でもできることです。

ただ、漏れや間違いが起きる可能性も踏まえた上で時間をかけてでも自分でやるのか、漏れや間違いのないように専門家に依頼して事業の立ち上げに集中するのかはちょっと立ち止まって考えるポイントかもしれません。

会社を設立するには

会社設立はご自分で行うことも可能です。

あなたがご自分で会社設立のための手続きをしようとすると、以下のことが必要になります。それぞれの専門家に文書作成や手続きの作業依頼も必要になります。

  • 会社概要を
    決める

  • 類似商号、
    事業目的の確認
    〜社名決定

  • 印鑑作成

  • 定款作成
    〜認証

  • 銀行口座
    開設

  • 登記申請

  • 税務署や都道府県税事務所の手続き
    ・業種によっては許認可が必要
    ・従業員を雇ったら社会保険の手続き

このように、やらなければいけないことが山ほどありますが、会社設立前後は、事業立ち上げのために本業に集中したい時期のはずです。

それぞれの専門家に頼もうにも税理士、行政書士、司法書士、社会保険労務士などを探すだけでもかなりの時間を割かれることになるでしょう。

有利となる会社設立の一例

ご存知ですか?
会社設立・新規開業には有利・不利があります。

資本金

資本金1,000万円未満で会社を設立すると、1期目は消費税の免税事業者となります。

会社設立時、資本金はなかなか用意しづらいですが、資本金1円などで会社を設立すると、新規取引や銀行からの融資審査の際に“財務的に不安定な会社”と判断される可能性もあるので気を付けましょう。
決算期
資本金1,000万円未満で会社を設立した場合、1期目は消費税の納付義務が免除されます。決算期を短く設定すると、消費税の納付義務が免除される期間が短くなってしまうため、決算月を決める際は注意が必要です。
また、時期や季節により利益が出る月が予め分かっている場合は、その時期が期末ではなく期首になるようにすると、利益処分方法を余裕を持って検討することができるようになります。一般的には、3月、9月、12月決算の会社が多いです。
各種届出
税制上の特典を受けるためには、定められた期限内に提出しなければいけない書類があります。例えば「青色申告の承認申請書」です。これは、“設立の日から3か月を経過した日の前日”または“1期目の事業年度終了の日の前日”のいずれか早い日までに提出する必要があります。
新たに会社を設立される場合に大きく関わってくるのは、青色申告書を提出した事業年度に生じた欠損金を翌期以降9年間にわたって繰り越しできるという点です。
最初から黒字を出せるならあまり関係はありませんが、赤字を繰り越すことで、黒字化したときに過去の赤字と相殺できるようになり、税金が大きく変わります。
融資制度
創業時に受けられる公的融資制度として日本政策金融公庫の「新規開業資金」「女性、若者/シニア起業家支援資金」「再挑戦支援資金」「新事業活動促進資金」等があります。年齢や事業開始後一定期間内に申請が必要等の要件がありますので、早めに準備することが必要です。

会社を設立するときに気をつけること

こんなことを言われたら、その税理士要注意!

資本金

資本金は1円でも
大丈夫です

決算期

決算はいつでも好きな時に
設定すれば良いですよ

各種届出

それは司法書士の仕事なので
自分で探してください

融資制度

融資のことなら政策金融公庫で
聞いてもらえますか

このような発言をする税理士も、
残念ながら実際には少なからず存在します。
なぜこれがダメなのでしょう?

  • 資本金

    資本金は1円でも
    大丈夫です
  • 開業することは可能ですが、その後の融資などに圧倒的に不利になります。本来はそういったアドバイスをする税理士の方が、長くお付き合いできるはずです。
  • 決算期

    決算はいつでも好きな時に
    設定すれば良いですよ
  • 資本金1,000万円未満で会社を設立した場合、1期目は消費税の納付義務が免除されます。決算期を短く設定すると、消費税の納付義務が免除される期間が短くなってしまうため、決算月を決める際は注意が必要です。
  • 各種届出

    それは司法書士の仕事なので
    自分で探してください
  • 他の士業の方とのネットワークがないということです。事業を続けていけば必ず司法書士や行政書士などが必要になります。そのつどご自分で探して別々に作業を依頼するよりは、ワンストップでサービスを提供してくれる税理士がいる方がどれだけ頼もしいことかは明白です。
  • 融資制度

    融資のことなら政策金融公庫
    で聞いてもらえますか
  • 創業補助金や創業融資など、いろいろな金融サポートの知識を持っていないか、持っていても面倒ということなのでしょう。相談やアドバイスができないとなると、会社の成長をサポートしてくれる税理士とは言い難いですね。

税理士の探し方

そうは言っても
どうやって税理士を探せば良い?

知人に紹介
してもらう?

インターネットで
検索して探す?

でもどちらも担当してくれる税理士の
細かい所まで知るのは難しいですよね?
私どもにご相談される方も同じようなお悩みをお持ちです。

ご自分で税理士を探すのが難しい理由

関連コラム

税理士、公認会計士、弁護士の違いを資格の取り方から見る

税理士、公認会計士、弁護士の違いを資格の取り方から見る

税理士資格を取るには、色々な方法があります。 税理士資格の習得方法によって、税務への知識の偏りがあります。 税理士資格の習得方法としては1税理士試験に合格する2条件を満...
税理士との面談場所、実は事務所以外にも会社や家、近くのカフェでも可能

税理士との面談場所、実は事務所以外にも会社や家、近くのカフェでも可能

お問い合わせいただく際に、「面談は税理士の事務所で」と思っていらっしゃるお客様が非常に多いです。 もちろん、ご自宅や会社へ来てもらうのが嫌だという方もいらっしゃいますが...
税理士への依頼料。料金相場、適正価格は結局いくら?

顧問税理士の料金・報酬相場と契約する前に確認しておく3つのポイント

起業や法人成りといった際に必要になる税理士。新たに税理士と契約しようとお考えの方に向けて、税理士報酬が決まる4つの要素と、税理士の費用相場と契約する前に確認しておくべ...
税理士を選ぶ際、税理士事務所の場所はきにするべき?

税理士を選ぶ際、税理士事務所の場所はきにするべき?

当センターでは、お客様が税理士事務所の場所を気にされるかどうかを確認しています。 お客様によっては、近く(同一市区町村内や、特定の駅)を指定される方もいらっしゃいます。...
税理士へ質問すると、本を見ながら回答する。この税理士大丈夫?

税理士へ質問すると、本を見ながら回答する。この税理士大丈夫?

時々、質問したことに対して「調べてから回答」「本を見ながら回答」という対応をされるので不安という声を聞きます。確かに、質問に対して即答された方が印象がいいでしょうし、安...
税理士資格を持っていない(無資格の)知人に税務を任せるとどうなる?

税理士資格を持っていない(無資格の)知人に税務を任せるとどうなる?

時々「税理士じゃないけど知人にお願いして申告書類を作ってもらっていたのですが…」 というお問い合わせをいただきます。 また、そのような認識ではなく「税理士だと思っていて...
医療法人やクリニックの税務に詳しい税理士を選ぶ方法

個人クリニックが医療法人化するメリット・デメリット

クリニックの経営が軌道に乗るにつれ、医療法人の設立が頭をよぎるのではないでしょうか。 本記事では、個人経営のクリニックが医療法人を設立するメリット・デメリットについて解...
税理士の平均年齢、実は60代!だから若い税理士を探すのは難しい

税理士の平均年齢、実は60代!だから若い税理士を探すのは難しい

税理士を選ぶ際に、若い税理士が良いのか、 ある程度経験を重ねたベテランの税理士が良いのか、 お問い合わせの際にご質問をいただくことが多いので、ご参考までにまとめました。...
個人事務所と税理士法人の違い①税理士法人の特徴

個人事務所と税理士法人の違い①税理士法人の特徴

自分に合う税理士を探そうとインターネットなどで検索をしていると、税理士業務を行っている所には、税理士事務所と税理士法人があることに気付きます。両者は何が異なるのか疑問に...
個人事務所と税理士法人の違い②個人税理士事務所の特徴

個人事務所と税理士法人の違い②個人税理士事務所の特徴

前回、税理士事務所と税理士法人の違いと、税理士法人の特徴について解説しました。 今回は、税理士事務所の特徴について解説します。 税理士事務所の特徴 担当税理士と直接会...

その他会社設立・新規開業のコラム一覧を見る

上に戻る

無料のご紹介窓口 / 最短即日からのご紹介