税理士紹介トップ > 税理士紹介担当者コラム

税理士紹介担当者コラム

人柄や知識・経験を確認済みの、お客様優先の税理士だけをご紹介します!

料金やサービス内容についても、お客様の代わりにより良い条件に交渉いたします

記事一覧

暦年課税と相続時精算課税を知って相続で損をしない

img009_1

贈与が発生した際、納税者となるのは贈与を受け取った相手方であり贈与を与えた当事者ではないと言うこと、ご存知でしたか?こうした贈与は民法によって規定されており、贈与時に「課税される財産」と「課税されない財産」とに分類できることを知っておくことが大切です。 ...続きを読む

相続

法人決算の年間スケジュール。しっかり対応することで利益を拡大しよう

img007_1

会計期間の経営活動の結果を明らかにする決算は、会社法により「年に1回以上、決まった時期に決算する」ことが定められています。そのため、多くの法人では、定款にて3月または12月に決算期を設定しています。ただし、あくまで年に1回以上の決算をすればよく、この決算期は法人ごとに自由に決められるようになっているのです。 こうした決算時期は、法人の種類によって決め方が変わります。株式会社であれば株主総会によって決められ、合同会社であれば総社員の同意にて決算期を決定します。また法人ごとの決め方に従えば、すでに経営を行っている企業であっても、決算日の変更をすることもできるのです。 ...続きを読む

会社設立・新規開業 決算対策・節税

個人事業主が節税のために知っておくべき節税項目

img006_1

経営上、個人事業主が支払う必要のある4つの税金

法人税、所得税、住民税に消費税など、税金の種類は数多くありますが、個人事業主が活動をしていく上で必要な税金にはいったい何があるのでしょうか?それらを把握した上で、節税を考えることが大切です。 ...続きを読む

決算対策・節税 確定申告

個人事業の経費申請方法。勘定科目の分け方。

fe4ce1df9e444876113bcc2dbaff312c_s

個人事業を運営していて、例えば事務所の内装を換えた時にかかった費用をどの経費項目として計上していいのか判らないなんてことはありませんか? そんな「経費項目はたくさん種類があってわからない」と言う方のために経費項目の分け方と分ける際のポイントをまとめました。 そもそも個人事業の経費とは事業を行う上で収入を得るためにかかった費用です。 経費に出来るもの,出来ないものをよく理解し最適な申告をすることで必要以上に税金を払わないようにしましょう。 ...続きを読む

決算対策・節税 確定申告

中小企業の節税対策方法まとめ①

a68a57a36b1a75c8b23e08878712136e_s

中小企業経営者の代表的な関心事の一つとして、節税対策があげられます。せっかく稼いだお金をあとから税金として納めなければならないので、できるだけ納税額を減らしたいと思うのも無理はありません。 そこで多くの経営者が犯す間違いはお金が出ていって資産としても残らない節税をしてしまうことです。不必要な資産を買ったり、派手な接待をしたりして手元の資金を減らしてしまっては、次年度からの経営が成り立たなくなります。 ここではお金が出ていかない節税対策を中心にご紹介します。適切な節税によってできるだけ資金を手元に残し、未来につながる経営をしましょう。 ...続きを読む

決算対策・節税

税務調査とその対応方法。税理士に外注した場合の費用は?

8f248480d652b20b1d92f244744b95fb_s

税務調査と聞くと身構えてしまう方が多いかもしれません。しかし税務調査は事業をやっている限り、どの事業主にも無関係ではありません。いざ税務調査が入った場合、どのような流れになるのか税理士に依頼した場合はどのような対応をとってもらえるのか、またその費用はいくらになるのか解説します。 ...続きを読む

会社設立・新規開業 税理士選び

株式会社と合同会社(LLC)って何が違うの?法人形態の違いについて。

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

いざ会社を作る際、株式会社にするか合同会社にするか迷う事もありますよね。結局何が違って、あなたはどっちの形態をとるべきなのでしょうか?この記事ではそんな疑問にお答えします。 ...続きを読む

会社設立・新規開業

相続税対策に使える生命保険の活用法(非課税枠の活用)

img001_1

2015年1月施行の贈与税・相続税の改正によって「基礎控除の引き下げ」と「相続税率の見直し」が行われ、支払う税金が多くなるように変わりました。こうした相続税の改正を受けて、世間では生命保険を使った相続税対策が注目を集め出しており新規加入や保険の見直しが行われています。 ...続きを読む

相続

法人税節税に使える、がん保険の活用方法

img003_1

利益に対してかかる法人税を節税するためには、一番簡単な方法が「費用を計上」して利益を減らすことです。ただし単に費用を計上し節税するのではなく、将来的にメリットとして返ってくる法人税対策の方がいいですよね。 そうした対策として注目を集めているのが法人保険に加入することであり、中でも「法人向けがん保険」が注目を集めています...続きを読む

決算対策・節税

法人税節税に使える、終身保険の活用法

img004_1

一般的には資産として扱われる「終身保険」ですが、保険金の契約方法によっては法人税対策として利用することもできるようになっています。一生涯の保障をしてくれる「終身保険」は、保険の中でも特に人気があります。定期保険に比べると保険料は割高になりますが、死亡時まで補償されることを考えると、万が一の際にも安心できる保険となっています。 ...続きを読む

決算対策・節税

1 2 3 4 5 6 7 8 9

上に戻る

無料のご紹介窓口 / 最短即日からのご紹介