税理士紹介トップ > 税理士紹介担当者コラム

税理士紹介担当者コラム

人柄や知識・経験を確認済みの、お客様優先の税理士だけをご紹介します!

料金やサービス内容についても、お客様の代わりにより良い条件に交渉いたします

記事一覧

【土地相続】の基礎知識と、知っておきたい5つのトラブル&対策

親から子へと受け継がれる「相続」。トラブルが多いという話もよく耳にしますね。このコラムでは、まず基本となる【相続】に関する基礎知識と、相続問題が現実となる前に知っておきたい、よくある5つのトラブルについて、実例と対策を交えてご紹介していきます。

...続きを読む

相続

【相続放棄】は相続権を手放すこと!期限は3か月・やり直しはできません

一軒家の空き屋写真

遺産相続が行われるにあたり、【相続放棄】という方法を選択するケースもあります。相続放棄とは、どんなシステムなのでしょうか。
また相続は亡くなった人の遺産が分配される制度なのに、なぜ相続放棄という方法を選択する人がいるのでしょう。相続放棄と、そのメリット・デメリット、そして特徴などについてご紹介します。


...続きを読む

相続

初めての相続対策!今、行うべきこと

2015年に相続税が増税されました。その関係で、今まで相続と相続税には無関係とされていた人にとっても、相続税が課税されてしまう可能性がでてきたのです。相続と相続税、同じように聞こえますが、細かいところでは違います。

その違いは何か、そして決して他人事ではなくなった相続と相続税について、初めて対策をしようと考えた人に対して、簡単に解説したいと思います。


...続きを読む

相続

明日は我が身!?2倍に増加した相続税申告者と対策手段

税理士へ質問すると、本を見ながら回答する。この税理士大丈夫?

相続税がかかるのは、一部の富裕層だけと思っていないでしょうか?平成27年に税法が改正され、相続税申告が必要な人は約2倍に増加しました。相続税課税の有無は必ずチェックし、申告が必要なら早めに対策を考えましょう。

...続きを読む

相続

平成27年から、相続税の基礎控除が引き下げられました。 うちは相続税が発生するのでは?とご心配な皆様へ

基礎控除改正点

平成26年まで 5,000万円+1,000万円×法定相続人の数 平成27年から 3,000万円+600万円×法定相続人の数 そこで朗報!! 平成27年に改正された「小規模宅地等の特例」を活用して、節税につなげましょう! 小規模宅地等の特例とは、亡くなった人(被相続人)が保有していた自宅や事業所や貸家などの土地の評価額をある一定の面積までは80%減額できるというものです。 ここで改正の大きなポイントを3つご説明します。 ...続きを読む

相続

自社株の評価額を低く見せる方法。オーナー企業の相続注意点

6ecae5444f34486c127ab811b2fc3e99_s

企業のオーナーが亡くなったときは、個人の資産に加えて、自身が保有していた会社の株式(自社株)も相続税の課税対象になります。相続税対策ができていないと、納税資金が不足して自社株を売り渡すことにもなりかねません。 ...続きを読む

相続

相続税対策のための賢い不動産投資のコツ

img013_2

2015年の相続税の改定で基礎控除額が引き下げられたことによって、相続税が課税される人が増えるといわれています。相続税対策として不動産投資を考えられる方も多いのではないでしょうか。ここでは相続税対策のための賢い不動産投資方法として、賃貸アパート建築とタワーマンションの購入をご紹介します。 ...続きを読む

相続

暦年課税と相続時精算課税を知って相続で損をしない

img009_1

贈与が発生した際、納税者となるのは贈与を受け取った相手方であり贈与を与えた当事者ではないと言うこと、ご存知でしたか?こうした贈与は民法によって規定されており、贈与時に「課税される財産」と「課税されない財産」とに分類できることを知っておくことが大切です。 ...続きを読む

相続

相続税対策に使える生命保険の活用法(非課税枠の活用)

img001_1

2015年1月施行の贈与税・相続税の改正によって「基礎控除の引き下げ」と「相続税率の見直し」が行われ、支払う税金が多くなるように変わりました。こうした相続税の改正を受けて、世間では生命保険を使った相続税対策が注目を集め出しており新規加入や保険の見直しが行われています。 ...続きを読む

相続

生前対策を税理士に頼んだ方がいい場合。利点とメリット

生前対策を税理士に頼んだ方がいい場合。利点とメリット

平成27年の相続税の増額改定により、従来よりも相続税対策に興味のある方が増えているのではないでしょうか?相続税を回避しようとして生前に贈与を行った場合には贈与財産に対して贈与税が課されることになります。 一般的に贈与税は相続税よりも税率が高く設定されているため、同一財産であれば相続によった場合の方が税額は安くなります。しかし、条件によっては生前贈与を実施した方が税額を安くできる場合もあります。では、生前贈与を行うことで節税効果を得られる場合とはどういう場合なのか解説します。 ...続きを読む

相続

1 2 3

上に戻る

無料のご紹介窓口 / 最短即日からのご紹介