税理士紹介トップ > 税理士紹介担当者コラム

税理士紹介担当者コラム

人柄や知識・経験を確認済みの、お客様優先の税理士だけをご紹介します!

料金やサービス内容についても、お客様の代わりにより良い条件に交渉いたします

会社設立・新規開業

公開日:2015/02/27 更新日:2021/09/03

個人事務所と税理士法人の違い②個人税理士事務所の特徴

前回、税理士事務所と税理士法人の違いと、税理士法人の特徴について解説しました。 今回は、税理士事務所の特徴について解説します。

税理士事務所の特徴

担当税理士と直接会って判断できる

個人事務所と税理士法人の違い②個人税理士事務所の特徴

税理士は税のプロフェッショナルですが、複雑かつ広範にわたる税のすべてに精通することは非常に厳しく、多くの税理士は自分の得意分野とそうでない分野を持っています。

そのため、例えば相続税の問題について依頼したい場合は、担当する税理士が相続税に強い税理士であるかどうかを見極めることが重要なポイントとなってきます。この点、税理士事務所に依頼する場合は、依頼者は担当する税理士本人に直接会って自分の抱えている税務問題について詳しい税理士なのか否かを自らの目で判断することができるというメリットがあります。また、特に長期にわたって依頼しようと考えている場合に軽視できないポイントの一つである税理士の人柄や事務所の雰囲気なども直接感じて判断できるという点は税理士事務所に依頼する大きなメリットです。

実際、契約後に定期的な相談をさせてもらえない、節税のアドバイスをもらえないといったトラブルが発生するのは、態度が横柄な税理士であったり、電話対応が悪い事務所であったりすることが多く、それらについて実際に自ら確認できるということは大変重要です。

柔軟な対応が可能

税理士事務所の場合、依頼者は税理士個人と契約を交わすことになるため、法人と契約を交わす税理士法人よりも様々な面において融通が利きやすいといったメリットがあります。特に、急な問題が生じた場合でも、電話一本かければすぐに飛んできてくれるといったフットワークの軽さとそこから得られる安心感は、やはり税理士事務所のメリットだといえます。

税理士事務所に依頼するメリットには以上のようなものがありますが、やはり税理士個人で開業していることから生じるデメリットもあります。

対応範囲が狭い場合がある

先にも記述しましたが、すべての税務知識に長けている税理士を見つけるのは非常に難しいです。個人で開業している税理士の多くは、自分の強みとなる分野に集中して営業しています。そのため、依頼内容が依頼しようとしている税理士の得意な分野ではない場合や、依頼内容の複雑さや高度さの程度によっては十分な対応を期待できない可能性があります。

他の税理士を探さなければならない可能性がある

個人で開業している税理士事務所では、税理士は所長一人だけという場合が多くあります。そのため、所長に万が一のことがあった場合、依頼していた税理士事務所には税理士が一人もいない状態になってしまい、税理士しか行うことができない業務は継続不可能になってしまいます。そういった場合は、改めて別の税理士を探さなければならなくなるといったデメリットがあります。

税理士事務所には、以上のようなメリットとデメリットがあるため、依頼しようとしている税務問題が複数の税理士を必要とするほど複雑ではなく、税理士の人柄や力量を自らの目で直接確認したいという方やより柔軟な対応を求める方には、税理士法人ではなく税理士事務所に依頼する方が適しているといえます。 なお、税理士事務所をお探しの方は、弊社から無料でお近くの事務所をご紹介させていただけます。

 

一方、税理士法人ではたくさんの税理士が在籍しているので1つの窓口で色々な案件を任せられるという特徴があります。

税理士法人の特徴を>>個人事務所と税理士法人の違い①税理士法人の特徴にまとめたので、こちらも参考にしてみてください。

上に戻る

無料のご紹介窓口 / 最短即日からのご紹介