税理士紹介トップ > 税理士紹介担当者コラム

税理士紹介担当者コラム

人柄や知識・経験を確認済みの、お客様優先の税理士だけをご紹介します!

料金やサービス内容についても、お客様の代わりにより良い条件に交渉いたします

記事一覧

増資には3つの方法があります。それぞれのメリットをまとめました。

1a584462a961d817b72103730a597bf2_s

企業が選択できる資金調達方法には様々なものがありますが、企業が株式会社である場合には、株式会社特有の資金調達方法である増資という方法を選択することができます。増資とは、株式会社が新たに株式を発行することにより資金を調達することをいいます。そして、この増資による資金調達は、新たな株式を取得できる権利を誰に割り当てるかによって1.株主割当増資2.第三者割当増資3.公募増資の3パターンに分類されます。以下において、それぞれの説明と、その方法を選択した場合に得られるメリットを解説します。

税理士を探してみたいあなたは、まずはこちらからお問い合わせ>

...続きを読む

資金調達・融資

賢い会計ソフトの選び方。中小企業、個人事業主向け。

img005_2

会計ソフトの選び方「目的」、「経営者の知識」、「費用」で選ぶ

確定申告や、事業の財務状況を確認するため、会計ソフトを導入しようと検討している経営者の方も多いはずです。会計ソフトの特徴は、貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー表を自動で作成してくれるもので、間違った記述を犯しにくいという点でしょう。ただし、こうした会計ソフトは、フリーのものから大手ベンダー企業のものまで提供されており、その選び方に迷う経営者も多いのです。そこでポイントとなるのが「導入の目的」、「経営者の会計・パソコン知識」、「導入コスト」の3つになるのです。

税理士を探してみたいあなたは、まずはこちらからお問い合わせ>

...続きを読む

経理実務

FPに税務相談できること・できないこと

img008_1

お金を扱うことを仕事とする「税理士」と「ファイナンシャルプランナー(以下、FP)」は、それぞれどのような違いがあるのでしょうか? ...続きを読む

決算対策・節税

グループ会社を作って節税対策をする方法まとめ

img015_1

グループ会社とは「子会社と関連会社の集合組織」

経営活動を行っていき順調に規模が拡大すると、子会社や関連会社など、自社と強い関係を持つ会社が増えていきます。こうした会社は似たような存在として扱われますが、法律上の定義にあてはめると意味が異なり、その会社の会計処理も異なってくるのです。そのため、まずは子会社、関連会社について確認をしましょう。

税理士を探してみたいあなたは、今すぐこちらからお問い合わせ>

...続きを読む

決算対策・節税

個人事業主が従業員を雇う際の注意点

個人事業でやや軌道に乗ってくると、あなたひとりでは仕事をしきれなくなってきます。 そこで従業員を雇うことになるのですが、その場合、いろいろなルールが定められているので、注意しなくてはなりません。 今回は、個人事業主が従業員を雇う際の注意点についてまとめました。

税理士を探してみたいあなたは、今すぐこちらからお問い合わせ>

...続きを読む

会社設立・新規開業

上場準備に必要なこと。上場するメリット・デメリットをまとめました。

img012_1

将来的な目標として上場を掲げている企業も少なくないでしょう。この「上場」というのは、株式公開やIPOと言うこともありますが、東京証券取引所などで証券の売買を自由にできるようにすることを言います。こうした証券市場には、東証一部や東証二部、マザーズやジャスダックなどがあり、様々な企業が株式公開をしているのです。 このように多くの企業が上場をする背景には、上場後には証券市場を通して「資金調達」がしやすくなるためです。 ...続きを読む

資金調達・融資

赤字スタートでの開業、どうすればよいか分からないというご相談もあります。

f_m-2-1024x768

税務のことが全く分からなくて、どうしてよいか分からないというお客様は結構いらっしゃいます。例えば、先日お問い合わせを頂いたお客様は、ネイルサロンを開業された女性の方でした。赤字からのスタートで、まずは今年度の確定申告の必要があるかどうかのご質問からのスタートでした。 ...続きを読む

エージェント・コラム 税理士選び

平成27年から、相続税の基礎控除が引き下げられました。 うちは相続税が発生するのでは?とご心配な皆様へ

基礎控除改正点

平成26年まで 5,000万円+1,000万円×法定相続人の数 平成27年から 3,000万円+600万円×法定相続人の数 そこで朗報!! 平成27年に改正された「小規模宅地等の特例」を活用して、節税につなげましょう! 小規模宅地等の特例とは、亡くなった人(被相続人)が保有していた自宅や事業所や貸家などの土地の評価額をある一定の面積までは80%減額できるというものです。 ここで改正の大きなポイントを3つご説明します。 ...続きを読む

相続

厚生労働省・中小企業庁の2016年度版 助成金一覧

1db8280c78d3109fac166b9a8e026a78_s

起業家、事業主が特に事業拡大の際などに、融資などによって運転資金を準備するということは、経営上のとても重要な課題となります。そんなとき役に立てたいのが助成金。今回は2016年現在、厚生労働省から受けることができる助成金一覧をまとめました。 ...続きを読む

助成金

税務調査で指摘を受けたら、必ず修正申告をしなければいけない?

5713015_1

税務調査で、根拠のないことを否認され、修正申告書を提出されているケースが多々あると聞きます。 税務調査官から「この金額は高すぎる」または「低すぎる」と言われる場合もあります。しかし、「高すぎる」「低すぎる」という指摘は「客観的な根拠に基づく適正額」のあることが前提となりますが、その根拠のないまま指摘を受けて、修正申告を提出してしまう税理士の方も多いようです。 ...続きを読む

決算対策・節税

1 2 3 4 5 6 7 8 9

上に戻る

無料のご紹介窓口 / 最短即日からのご紹介